« 30代最後の日 | Main | 今日は暖かかった »

February 02, 2015

40歳になりました。

このブログを書き始めたきっかけは、子供が出来たことです。

以来、10年間、書けない時もあったけど、書いてきました。

子供が生まれた喜び、3度。

子供の成長を幾度も。

今日、40歳になって、改めて今までお世話になった方々へ感謝を致します。

今朝、父と母に感謝のfaxを送りました。

11時ころ、返信のfaxが来ました。

涙涙です。

振り返ってみると、子供の頃から何かにつけて信心の話をしてくれた母。

池田先生の話をしてくれた母。

あまり語らない父の凄さを知ったのは、父が定年してからかも知れない。

でも、どんなことがあっても朝の勤行を欠かさず出勤していたその背中を覚えています。

自分に信心を教えてくれたのは、紛れも無く父母です。

御本尊様がなければ、きっと今頃どこかで野垂れ死んでいたでしょう。

池田先生の激励がなければ、根無し草のように、一人寂しく彷徨っていたに違いありません。

本当に、この信心を教えてくれた恩に報いなければならないと思います。

また、3人の子どもたちを産んでくれた前妻にも感謝しています。

子供がいなければ、今まで「何とかして働かなければ」との気持ちも湧いてこなかったと思います。

うつ病になった時、絶望しか感じられなかった。

仕事をやめて、北海道に帰ってきた時、まさに廃人のような自分であったと記憶しています。

というよりも、記憶が無いので、どれほどまでにひどかったのかすら覚えていませんが。

離婚した時、子どもたちと離れ離れになってしまった時、すべての希望がなくなってしまった。

それでも生きてこれたのは、間違いなく、子どもたちのためです。

今、仕事を探している。

正直、仕事を選ばなければどんな仕事でもできると思う。

長続きするかどうかはわからないけど。

でも、今敢えて仕事を選んでいます。

お金はない。

苦しい状況であることには変わりはない。

でも、営業はもうできない。

できれば、事務職を選びたい。

いつまでも、無職でいるわけにはいかないので今月いっぱいに仕事が決まらなければ、どんな仕事でもする。

まずは、御本尊様に「師弟請願」の祈りで、就職を勝ち取ります。

何を持っても、御本尊様を抱きかかえるつもりで、生きていきます。

妻もお題目で応援してくれています。

とにかく、生きて生きて生き抜くしかない。

1ミリでも前に進むしか無い。

後ろに進むことは、人間は出来ないのだから。

第二の成人式。

今こそ前進の戦いを起こします。

|

« 30代最後の日 | Main | 今日は暖かかった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 40歳になりました。:

« 30代最後の日 | Main | 今日は暖かかった »