« 気がつけば | Main | 全力出し切った »

December 18, 2014

只今臨終

不安な気持ちで家にずっといることは、かなり辛いことです。

しかし、絶対に負けません。

負ければ、それは自分に負けたことになる。

障害者雇用枠は、正直本当に少ない。

日本の世間は、障害がある人と共に生きていくという文化がない。

腫れ物に触るように、出来るだけ自分のそばから離れたところで起きてほしいと願っている。否、無意識にそのように行動している。

そう思えてなりません。

うつ病は、誰でもなる可能性がある病気です。

私は関係ないと思っている人でも、可能性はあります。

何故なら、自分がそうだったから。

前向きで、明るくて、積極的な自分が、まさかうつ病になるとは思っていなかった。

それでも、なるのです。

世間を恨んでも、意味がないので恨みませんが、自分がこの世間を変えていってやると、強く思います。

うつ病で苦しんでいる人、精神疾患を患っている人。

団体を作るとか、本気で考えています。

そして、庶民の中に入り、政治を動かし、健常者と障害者が、一緒に働き、生きていける社会を自らの手で!

|

« 気がつけば | Main | 全力出し切った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 只今臨終:

« 気がつけば | Main | 全力出し切った »